LargeDocument2.vb
'' 
'' このコードは、DioDocs for PDF のサンプルの一部として提供されています。
'' Copyright (c) GrapeCity inc. All rights reserved.
'' 
Imports System.IO
Imports System.Drawing
Imports GrapeCity.Documents.Pdf
Imports GrapeCity.Documents.Text

'' 大規模な PDF ファイルを生成します。
'' このサンプルは StartEndDoc と同じですが、StartDoc/EndDoc メソッドを使用しません。
'' 消費メモリを増やすことになりますが、パフォーマンスが向上する可能性があります。
Public Class LargeDocument2
    Function CreatePDF(ByVal stream As Stream) As Integer
        '' 生成するページ数を設定します。
        Const N = Util.LargeDocumentIterations
        Dim start = DateTime.Now
        Dim doc = New GcPdfDocument()
        '' テキストを保持/書式設定するための TextLayout を準備します。
        Dim tl = New TextLayout(72) With {
            .MaxWidth = doc.PageSize.Width,
            .MaxHeight = doc.PageSize.Height,
            .MarginAll = 72,
            .FirstLineIndent = 36
        }
        tl.DefaultFormat.Font = StandardFonts.Times
        tl.DefaultFormat.FontSize = 12
        '' ドキュメントを生成します。
        For pageIdx = 1 To N
            tl.Append(Util.getString_ja(1, 0, 1))
            tl.PerformLayout(True)
            doc.NewPage().Graphics.DrawTextLayout(tl, PointF.Empty)
            tl.Clear()
        Next
        '' タイトルページを挿入します(StartDoc/EndDoc を使用している場合はできません)。
        tl.FirstLineIndent = 0
        Dim fnt = Font.FromFile(Path.Combine("Resources", "Fonts", "yumin.ttf"))
        Dim tf0 = New TextFormat() With {.FontSize = 24, .FontBold = True, .Font = fnt}
        tl.Append(String.Format("大規模なドキュメント" + vbLf + "{0} ページのテキストデータ" + vbLf + vbLf, N), tf0)
        Dim tf1 = New TextFormat(tf0) With {.FontSize = 14, .FontItalic = True}
        tl.Append(String.Format("生成日時 {0}、作成時間 {1:m\m\ s\s\ fff\m\s}", DateTime.Now, DateTime.Now - start), tf1)
        tl.TextAlignment = TextAlignment.Center
        tl.PerformLayout(True)
        doc.Pages.Insert(0).Graphics.DrawTextLayout(tl, PointF.Empty)
        '' PDF ドキュメントを保存します。
        doc.Save(stream)
        Return doc.Pages.Count
    End Function
End Class