TextTrimming.cs
// 
// このコードは、DioDocs for PDF のサンプルの一部として提供されています。
// Copyright (c) GrapeCity inc. All rights reserved.
// 
using System;
using System.IO;
using System.Drawing;
using GrapeCity.Documents.Pdf;
using GrapeCity.Documents.Text;
using GrapeCity.Documents.Drawing;

namespace GcPdfWeb.Samples.Basics
{
    // このサンプルは、文字列が割り当てられた領域に収まらない場合に
    // 省略記号を表示する方法を示します。
    public class TextTrimming
    {
        public int CreatePDF(Stream stream)
        {
            var doc = new GcPdfDocument();
            var page = doc.NewPage();
            var g = page.Graphics;
            const float In = 72;

            var str = "This is a long line of text which does not fit in the allocated space.";
            var wid = In * 4;
            var dy = 0.3f;

            var rc = Common.Util.AddNote(
                "TextLayout は、割り当てられたスペースに収まらないテキスト行の末尾に" +
                "省略記号(または他の文字)を表示することが可能です。\n" +
                "トリミングを使用するには、TrimmingGranularity を Character または " +
                "Wordに 設定します(デフォルトは None です)。WrapMode が NoWrap で、" +
                "テキストが長すぎる場合はトリミングを開始します。レイアウトの幅が" +
                "狭すぎて1語に収まらない場合は、折り返したテキストもトリミングを" +
                "表示することがあります。\n" +
                "以下は、文字や単語にトリミングされていないテキストの例です。次の行は、" +
                "異なるトリミング文字(この場合はチルダ)を示しています。最後の行は、" +
                "トリミング文字を追加せずにテキストをトリミングする方法(トリミング" +
                "粒度を考慮)を示しています。",
                page);
            var top = rc.Bottom + 36;

            var ip = new PointF(rc.Left, top);

            var tl = g.CreateTextLayout();
            tl.DefaultFormat.Font = StandardFonts.Times;
            tl.DefaultFormat.FontSize = 12;
            tl.MaxWidth = wid;
            tl.WrapMode = WrapMode.NoWrap;

            // TrimmingGranularity は、デフォルトでは None です。
            tl.Append(str);
            tl.PerformLayout(true);
            g.DrawTextLayout(tl, ip);
            ip.Y += tl.ContentHeight + dy;

            // 文字のトリミング。
            tl.TrimmingGranularity = TrimmingGranularity.Character;
            // 注意:テキスト/フォントが変更されていないため、最初の呼び出し後に PerformLayout の 
            // recalculateGlyphsBeforeLayout パラメータが false になることがあります。
            tl.PerformLayout(false);
            g.DrawTextLayout(tl, ip);
            ip.Y += tl.ContentHeight + dy;

            // 単語のトリミング。
            tl.TrimmingGranularity = TrimmingGranularity.Word;
            tl.PerformLayout(false);
            g.DrawTextLayout(tl, ip);
            ip.Y += tl.ContentHeight + dy;

            // デフォルトでは、tl.EllipsisCharCode は HorizontalEllipsis(0x2026)です。
            // それをチルダに変更します。
            tl.EllipsisCharCode = 0x007E;
            tl.PerformLayout(false);
            g.DrawTextLayout(tl, ip);
            ip.Y += tl.ContentHeight + dy;

            // 最後に、tl.EllipsisCharCode を0に設定して、トリミング文字を描画せずに
            // テキストをトリミングすることができます。
            tl.EllipsisCharCode = 0;
            tl.PerformLayout(false);
            g.DrawTextLayout(tl, ip);
            ip.Y += tl.ContentHeight + dy;

            g.DrawRectangle(new RectangleF(rc.Left, top, wid, ip.Y - top), Color.OrangeRed);

            // PDF ドキュメントを保存します。
            doc.Save(stream);
            return doc.Pages.Count;
        }
    }
}