RotatedText.cs
// 
// このコードは、DioDocs for PDF のサンプルの一部として提供されています。
// Copyright (c) GrapeCity inc. All rights reserved.
// 
using System;
using System.IO;
using System.Drawing;
using System.Numerics;
using GrapeCity.Documents.Drawing;
using GrapeCity.Documents.Pdf;
using GrapeCity.Documents.Text;

namespace GcPdfWeb.Samples.Basics
{
    // GcPdfGraphics.Transform を使用してテキスト文字列を回転する方法を示します。
    // RotatedText2 も参照してください。
    public class RotatedText
    {
        public void CreatePDF(Stream stream)
        {
            // 時計回りの回転角度。
            float angle = -45;
            //
            var doc = new GcPdfDocument();
            var g = doc.NewPage().Graphics;
            const string fontname = "Yu Gothic";
            // テキストレイアウトを作成し、フォントとフォントサイズを選択します。
            TextLayout tl = g.CreateTextLayout();
            tl.DefaultFormat.FontName = fontname;
            tl.DefaultFormat.FontSize = 24;
            // テキストを追加し、レイアウトを実行します。
            tl.Append("回転させたテキスト");
            tl.PerformLayout(true);
            // テキストの挿入位置(1",1")。
            var ip = new PointF(72, 72);
            // テキストサイズは既にあるので、テキスト挿入位置を起点にテキスト矩形を作成します。
            var rect = new RectangleF(ip.X, ip.Y, tl.ContentWidth, tl.ContentHeight);
            // 矩形の中心付近でテキストを回転させます。
            // テキストのサイズは既にあるので、その中央付近を中心として回転することができます。
            g.Transform = Matrix3x2.CreateRotation((float)(angle * Math.PI) / 180f, new Vector2(ip.X + tl.ContentWidth / 2, ip.Y + tl.ContentHeight / 2));
            // 回転したテキストと境界の矩形を描画します。
            g.DrawTextLayout(tl, ip);
            g.DrawRectangle(rect, Color.Black, 1);
            // 回転を元に戻し、回転前のテキストがあったであろう境界の矩形を描画します。
            g.Transform = Matrix3x2.Identity;
            g.DrawRectangle(rect, Color.ForestGreen, 1);
            // PDF ドキュメントを保存します。
            doc.Save(stream);
        }
    }
}