EUDC.cs
// 
// このコードは、DioDocs for PDF のサンプルの一部として提供されています。
// Copyright (c) GrapeCity inc. All rights reserved.
// 
using System;
using System.IO;
using System.Drawing;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using GrapeCity.Documents.Pdf;
using GrapeCity.Documents.Text;

namespace GcPdfWeb.Samples.Basics
{
    // カスタム EUDC フォント(.tte)にて、私用領域の Unicode 文字(PUA)をレンダリングする方法を示します。
    public class EUDC
    {
        public void CreatePDF(Stream stream)
        {
            // EUDC コード文字と通常の文字(& と !)を組み合わせたテスト用文字列。0xE620 0xE621 0xE622 0xE624 amp; 0xE623 !
            const string tstr = "&!";
            // 設定。
            var doc = new GcPdfDocument();
            var page = doc.NewPage();
            var g = page.Graphics;
            var tf = new TextFormat() { FontSize = 14 };
            var rc = Common.Util.AddNote(
                "カスタム EUDC フォント(.tte)でプライベートユース Unicode 文字(PUA)をレンダリングする方法を示しています。\n" +
                "GrapeCity.Documents.Text.Fontは、EUDC .tte ファイルから作成し、" +
                "Font.AddEudcFont() メソッドを使用して1つ以上のフォントにリンクすることができます。",
                page);
            const float dy = 36;
            var ip = new PointF(rc.X, rc.Bottom + dy / 2);

            // FontCollection を使用すると、ファミリ名でフォントを取得できます。
            var fc = new FontCollection();

            // グラフィックスの MeasureString/DrawString メソッドがフォールバックフォントを
            // 検出できるように、フォントコレクションをグラフィックスに割り当てます。
            g.FontCollection = fc;

            // 標準のフォントを FontCollection に登録します。
            fc.RegisterFont(Path.Combine("Resources", "Fonts", "arial.ttf"));
            fc.RegisterFont(Path.Combine("Resources", "Fonts", "times.ttf"));
            fc.RegisterFont(Path.Combine("Resources", "Fonts", "ipag.ttc"));
            fc.RegisterFont(Path.Combine("Resources", "Fonts", "msgothic.ttc"));
            fc.RegisterFont(Path.Combine("Resources", "Fonts", "YuGothR.ttc"));

            // フォントコレクションにMS Gothicをフォールバックとして使用するように指示します。
            fc.AppendFallbackFonts(fc.FindFamilyName("MS Gothic"));

            // Arial フォントを使用すると、適切なグリフが Aria lに存在しないため、テスト文字列が空の長方形としてレンダリングされます。
            tf.Font = fc.FindFamilyName("Arial", false, false);
            g.DrawString($"Arial: {tstr} (EUDCフォントはまだリンクされていません)", tf, ip);
            ip.Y += dy;

            // 2種類の EUDC フォントを読み込みます。
            var eudcF0 = Font.FromFile(Path.Combine("Resources", "Fonts", "Eudc0.tte"));
            var eudcF1 = Font.FromFile(Path.Combine("Resources", "Fonts", "Eudc1.tte"));

            // 1つの EUDC フォントを Arial にリンク - これにより、Arial で描画された文字列において、EUDC の文字はこのフォントで検索されます。
            var font = fc.FindFamilyName("Arial");
            font.AddEudcFont(eudcF0);
            // MS Gothic も同様に。
            font = fc.FindFamilyName("MS Gothic");
            font.AddEudcFont(eudcF1);
            // 別の EUDC フォントを Yu Gothic にリンク。
            font = fc.FindFamilyName("Yu Gothic");
            font.AddEudcFont(eudcF1);

            // カスタム EUDC フォントがリンクされているフォントを使用して、EUDC 文字列を描画します。
            tf.Font = fc.FindFamilyName("Arial", false, false);
            g.DrawString($"Arial, Eudc0.tte をリンク: {tstr}", tf, ip);
            ip.Y += dy;
            tf.Font = fc.FindFileName("times.ttf");
            g.DrawString($"Times, MS Gothic 経由のフォールバック: {tstr}", tf, ip);
            ip.Y += dy;
            tf.Font = fc.FindFamilyName("MS Gothic");
            g.DrawString($"MS Gothic, Eudc1.tte をリンク: {tstr}", tf, ip);
            ip.Y += dy;
            tf.Font = fc.FindFamilyName("Yu Gothic");
            g.DrawString($"Yu Gothic, Eudc1.tte をリンク: {tstr}", tf, ip);
            ip.Y += dy;

            // FontCollection はファミリ名によるフォント検索のようないくつかのサービスを追加しますが、
            // EUDC フォントはコレクションにないフォントにリンクできます。
            font = Font.FromFile(Path.Combine("Resources", "Fonts", "Gabriola.ttf"));
            font.AddEudcFont(eudcF0);
            tf.Font = font;
            g.DrawString($"Gabriola Font, Eudc0.tte をリンク: {tstr}", tf, ip);
            ip.Y += dy;
            // PDF ドキュメントを保存します。
            doc.Save(stream);
        }
    }
}