機能

データエンジンサービス(データソース)

データエンジンサービス(データソース)

PivotEngineコンポーネントをDataEngine Web APIとインメモリデータに連結します。

機能

設定

説明

このサンプルでは、PivotEngineコンポーネントをサービスに連結します。現在、DataEngine Web APIだけがサポートされています。
このモードでは、service-url属性を設定する必要があります。
DataEngineサービスの展開方法の詳細については、DataEngine Web APIドキュメントを参照してください。

このサンプルでは、PivotEngineコンポーネントをDataEngineデータに接続します。
PivotPanelコントロール、PivotGridコントロール、およびPivotChartコントロールはPivotEngineに連結されます。
PivotPanelコントロールでビュー定義を変更できます。
集計データは、サービスから取得されます。
その結果、PivotGridコントロールとPivotChartコントロールに集計データが表示されます。
PivotGridコントロール内のセルをダブルクリックすると、詳細な生データがグリッドに表示されます。

データ行数が10,000を超える場合は、パフォーマンスを向上させるために、タグのservice-url属性を設定することをお勧めします。
それ以外の場合は、IndexページとRemoteBindページで使用されるタグのsource-collection属性またはread-action-url属性を設定してください。

using Microsoft.AspNetCore.Mvc;

namespace OlapExplorer.Controllers.Olap
{
    partial class OlapController : Controller
    {
        // GET: PivotGrid
        public ActionResult DataSource()
        {
            OlapModel.ControlId = "dataSourcePanel";
            ViewBag.DemoOptions = OlapModel;
            return View();
        }
    }
}
@{
    ClientSettingsModel optionsModel = ViewBag.DemoOptions;
}

<c1-pivot-engine id="dataSourceEngine" service-url="~/api/dataengine/dataset10" show-row-totals="Subtotals" show-column-totals="Subtotals">
    <c1-view-field-collection c1-property="RowFields" items="Country"></c1-view-field-collection>
    <c1-view-field-collection c1-property="ColumnFields" items="Product"></c1-view-field-collection>
    <c1-view-field-collection c1-property="ValueFields" items="Sales"></c1-view-field-collection>
</c1-pivot-engine>

<div class="row">
    <div class="col-sm-4 col-md-4">
        <c1-pivot-panel id="@(optionsModel.ControlId)" items-source-id="dataSourceEngine"></c1-pivot-panel>
    </div>
    <div class="col-sm-8 col-md-8">
        <c1-pivot-grid id="indexGrid" items-source-id="dataSourceEngine"></c1-pivot-grid>
    </div>
</div>

@section Settings{
    @Html.Partial("_OptionsMenu", optionsModel)
}

@section Description{
<p>@Html.Raw(OlapRes.DataSource_Text0)</p>

<p>@Html.Raw(OlapRes.DataSource_Text1)</p>

<p>@Html.Raw(OlapRes.DataSource_Text2)</p>

}
@section Summary{
<p>@Html.Raw(OlapRes.DataSource_Text3)</p>

}