V1J

ライセンス

ActiveReportsJSのトライアル版を使用している場合、レポートの作成またはプレビュー中にトライアル版を示すウォーターマーク(透かし文字)が表示されます。

ActiveReportsJSを使用した開発、アプリケーションの配布、およびActiveReportsJSデザイナの利用には、ライセンスに付属する各認証コードの登録と、登録済み認証コードを使用したライセンスキーの取得・設定が必要です。

  • 開発用
  • 配布用(本番)
  • 配布用(テスト)
  • デザイナ用

ライセンスキーの取得方法については以下のページを参照してください。

ライセンスキーの取得

取得したライセンスキーの設定方法について、説明します。

ActiveReportsJSライブラリを使用する場合の設定方法

ActiveReportsJSライブラリを認証して使用するには、本製品の参照を追加し、ライセンスキーを設定します。

<script type="text/javascript" src="ar-js-core.js"></script>
<script>
    GC.ActiveReports.Core.PageReport.LicenseKey = 'YOUR_LICENSE_KEY';
</script>

モジュールローダーを利用してActiveReportsJSライブラリを使用するには、本製品をインポートし、ライセンスキーを設定します。

import * as arjsCom from '@grapecity/activereports';
arjsCom.Core.PageReport.LicenseKey = 'YOUR_LICENSE_KEY';

ActiveReportsJSデザイナを使用する場合の設定方法

ActiveReportsJSデザイナは、ライセンスキーなしでも、トライアル版として30日間の使用が可能です。デザイナを認証して使用するには、「ActiveReportsJS Designer ライセンス情報」ダイアログにライセンスキーを設定します。