V2.1JV2JV1J

ActiveReportsJSの概要

このたびはActiveReportsJSをお求めいただき、誠にありがとうございます。ActiveReportsJSは、簡単に埋め込み、カスタマイズできるリッチなAPIを使用して、複雑なレポートを作成できるレポートツールです。レポートレイアウトの要件に応じて、次のレポート形式を選択できます。

  • ページレポート:ページ単位でレポートをデザインするレポート形式です。そのため、デザイン時のレイアウトは実行時の出力結果と同一になります。RDLレポートとは異なり、デザイナ上に配置したレポートコントロールは実行時に同じレイアウトで出力されるため、実際の出力結果と同じイメージでレポートをデザインすることができます。
  • RDLレポート:ページを意識せずにデータソースの異なるテーブルやグラフを自由に配置するレポート形式です。セクションの出力位置やページの用紙サイズといったレイアウト上の制約を意識することなく自由にレポートコントロールを配置し、レポートをデザインすることができます。

ActiveReportsJSは、以下の主な機能を提供しています。

  • 簡単にインストールできる高度なデザイナ
  • JavaScriptを使用した帳票の作成
  • PDF、Excel、HTMLといった様々な形式へのエクスポート
  • パラメータやフィルタなどを設定した対話的なレポート
  • シンプルで使いやすいインタフェース
  • GrapeCity ActiveReports for .NETとの互換性

ActiveReportsJS デザイナアプリ

ActiveReportsJSでは、エンドユーザーの様々な要望に応じて変更される帳票に対して、豊富なレポートコントロールを配置して帳票デザインを直感的に行う、帳票デザイン支援ツールのデザイナアプリを提供しています。

デザイナアプリで作成できるレポートでは、以下のように様々なデータプロバイダを使用してJSONデータソースにデータ連結することができます。

  • Webサービス
  • REST APIエンドポイント
  • ODataエンドポイント
  • GraphQLエンドポイント
  • レポートに埋め込む静的なデータ

また、APIを使用して環境に応じて、実行時にデータソースを編集することができます。詳細は実行時データ連結を参照してください。

ActiveReportsJS ビューワ

ActiveReportsJSでは、様々なフロントエンドソリューションに組み込むことができるJavaScriptコンポーネントのビューワを提供しています。

ビューワは、以下のフロントエンドソリューションに組み込むことができます。

ビューワのインターフェースは、ブラウザ上にレポートを表示し、それと対話するための多くの機能を提供します。

  • ページ制御
  • 印刷
  • PDF、Excel、HTML形式へのエクスポート
  • 単一ページ/連続ページ/ゲラモードなどの複数の表示モード
  • 目次やブックマークを利用したレポート
  • ドリルダウン機能やドリルスルーリンクを利用した詳細レポート

ActiveReportsJS Webデザイナコンポーネント

ActiveReportsJSでは、Webアプリケーション内に組み込んで、レポートの新規作成や変更を行うことができるJavaScriptコンポーネントのWebデザイナコンポーネントを提供しています。

Webデザイナコンポーネントは、以下のフロントエンドソリューションに組み込むことができます。

ActiveReportsJSのビューワやWebデザイナコンポーネントは、TypeScript宣言が用意されています。厳密な型指定により、初期の段階でバグを確認でき、コード補完または自動リファクタリングなどの機能を使用できます。TypeScriptのバージョン 3.7以降が必要です。