V2.2JV2.1JV2JV1J

変更点

ここではActiveReportsJSのV1JからV2Jにかけて変更された点について説明します。

ビューワの初期化

ActiveReportsJSの「V1J」では、次のコードを使用してビューワのインスタンスを初期化できましたが、「V2J」では構造が変更され、初期化できなくなりました。

import { Viewer } from "@grapecity/activereports/viewer"
const viewer = new Viewer("#viewer-host");
const viewer = new GC.ActiveReports.Viewer.Viewer("#viewer-host");
const viewer = ActiveReports.Viewer("#viewer-host");

「v2J」では、次のようにコードを記述する必要があります。

import { Viewer } from '@grapecity/activereports/reportviewer';
const viewer = new Viewer("#viewer-host");
const viewer = new GC.ActiveReports.ReportViewer.Viewer("#viewer-host");
const viewer = new ActiveReports.Viewer("#viewer-host"); 

ビューワのスタイルシート

ビューワの表示に必要なスタイルシートが、2つ(ar-js-ui.css、ar-js-viewer.css)に変更されました。詳細については、 テーマ を参照してください。

将来的に廃止されるメソッド

以下のAPIが次のリリースするメジャーバージョンから廃止される予定です。