V2J
ActiveReportsJS API Module ReportDesigner ActiveReportsJS API モジュール

ReportDesigner モジュール

型の別名

DataSetTemplate

DataSetTemplate: { canEdit?: undefined | false | true; id: string; shouldEdit?: undefined | false | true; template: RDLX.DataSet; title: string }

データパネルのデータセットテンプレートを定義します。

型宣言

  • オプション canEdit?: undefined | false | true

    テンプレートから作成されたDataSetを編集できるかどうかを指示します。

  • id: string

    テンプレート ID。

  • オプション shouldEdit?: undefined | false | true

    デザイナを編集ダイアログを表示するようにします。

  • template: RDLX.DataSet

    DataSetのRDLX定義。

  • title: string

    タイトル。

DataSourceTemplate

DataSourceTemplate: { canEdit?: undefined | false | true; datasets?: DataSetTemplate[]; id: string; shouldEdit?: undefined | false | true; template: RDLX.DataSource; title: string }

データパネルのデータソーステンプレートを定義します。

型宣言

  • オプション canEdit?: undefined | false | true

    テンプレートから作成されたDataSetを編集できるかどうかを指示します。

  • オプション datasets?: DataSetTemplate[]

    テンプレートに基づくデータソースのDataSetテンプレート。

  • id: string

    テンプレート ID。

  • オプション shouldEdit?: undefined | false | true

    デザイナを編集ダイアログを表示するようにします。

  • template: RDLX.DataSource

    DataSourceのRDLX定義。

  • title: string

    タイトル。

DesignerCommand

DesignerCommand: "save" | "saveAs" | "create" | "open" | "render"

コマンド名。

DesignerConfig

DesignerConfig: { disableOpenSaveHotkeys?: undefined | false | true; language?: undefined | string }

デザイナの構成。

型宣言

  • オプション disableOpenSaveHotkeys?: undefined | false | true

    trueに設定した場合、デフォルトの「レポートを開く」および「レポートの保存」のホットキーが無効になります。

  • オプション language?: undefined | string

    アプリケーションの言語。 たとえば、「en」、「ja」、「zh」などです。 デフォルト値は「en」です。

FontSet

FontSet: "default" | "registered" | "all"

フォントのセット。

default:事前定義されたフォント。
registered:FontStoreに登録されているフォント。
all:FontStoreフォントで登録済みの定義済み。

ImageResourceInfo

ImageResourceInfo: { displayName?: undefined | string; id: string; mimeType: string; thumbnail?: undefined | string }

画像の情報を表します。

型宣言

  • オプション displayName?: undefined | string

    リソースの表示名。

  • id: string

    リソースID。

  • mimeType: string

    MIMEの種類。

  • オプション thumbnail?: undefined | string

    サムネイル。

Report

レポートの情報。

ReportDefinition

ReportDefinition: { definition: RDLReportDefinition; displayName?: undefined | string; id?: undefined | string }

定義でレポートを表すレポート情報。

型宣言

  • definition: RDLReportDefinition

    RDLXレポートの定義。

  • オプション displayName?: undefined | string

    レポートの表示名。

  • オプション id?: undefined | string

    レポートID。

ReportInfo

ReportInfo: { definition: RDLReportDefinition; displayName: string; id: string | null; isDirty: boolean }

現在のレポート情報を表します。

型宣言

  • definition: RDLReportDefinition

    RDLXレポートの定義。

  • displayName: string

    レポートの表示名。

  • id: string | null

    レポートID。

  • isDirty: boolean

    レポートがダーティ(保存されていない)状態の場合はTrue。

ReportLink

ReportLink: { displayName?: undefined | string; id: string }

IDでレポートを表すレポート情報。

型宣言

  • オプション displayName?: undefined | string

    レポートの表示名。

  • id: string

    レポートID。

ReportResourceInfo

ReportResourceInfo: { displayName?: undefined | string; id: string }

外部リソース情報を表します。

型宣言

  • オプション displayName?: undefined | string

    リソースの表示名。

  • id: string

    リソースID。

SaveAsResult

SaveAsResult: { displayName?: undefined | string; id: string }

「新しいレポートの保存」操作の結果を表します。

型宣言

  • オプション displayName?: undefined | string

    レポートの表示名。

  • id: string

    新しいレポートID。

SaveNewReportInfo

SaveNewReportInfo: { definition: RDLReportDefinition; displayName?: undefined | string; id?: undefined | string }

新しいレポートとして保存される現在のレポート情報。

型宣言

  • definition: RDLReportDefinition

    現在のRDLXレポートの定義。

  • オプション displayName?: undefined | string

    現在のレポートの表示名。

  • オプション id?: undefined | string

    現在のレポートID。

SaveReportInfo

SaveReportInfo: { definition: RDLReportDefinition; displayName?: undefined | string; id: string }

保存する現在のレポート情報。

型宣言

  • definition: RDLReportDefinition

    現在のRDLXレポートの定義。

  • オプション displayName?: undefined | string

    現在のレポートの表示名。

  • id: string

    現在のレポートID。

SaveResult

SaveResult: { displayName?: undefined | string }

「レポートの保存」操作の結果を表します。

型宣言

  • オプション displayName?: undefined | string

    保存後のレポートの表示名。

ThemeInfo

ThemeInfo: { Accent1: string; Accent2: string; Accent3: string; Accent4: string; Accent5: string; Accent6: string; Dark1: string; Dark2: string; Light1: string; Light2: string; MajorFontFamily: string; MinorFontFamily: string }

レポートのテーマの短い表現。

型宣言

  • Accent1: string

    「アクセント1」テーマ色

  • Accent2: string

    「アクセント2」テーマ色。

  • Accent3: string

    「アクセント3」テーマ色。

  • Accent4: string

    「アクセント4」テーマ色。

  • Accent5: string

    「アクセント5」テーマ色。

  • Accent6: string

    「アクセント6」テーマ色。

  • Dark1: string

    「濃色1」テーマ色

  • Dark2: string

    「濃色2」テーマ色

  • Light1: string

    「淡色1」テーマ色

  • Light2: string

    「淡色2」テーマ色

  • MajorFontFamily: string

    メジャーフォントの設定。

  • MinorFontFamily: string

    マイナーフォントの設定。

ThemeResourceInfo

ThemeResourceInfo: { displayName?: undefined | string; id: string; info: ThemeInfo }

テーマの情報を表します。

型宣言

  • オプション displayName?: undefined | string

    リソースの表示名。

  • id: string

    リソースID。

  • info: ThemeInfo

    テーマの短い表現。

WhenDirty

WhenDirty: "ask" | "override" | "throw"

レポートがダーティ状態の場合に実行するアクションを表します。

ask: 確認ダイアログを表示します。
override: ダーティなレポートをオーバーライドします。
Throw: エラーを発生します。

変数

定数 templates

templates: { CPL: RDLReportDefinition; FPL: RDLReportDefinition }

デフォルトのレポートテンプレート。

型宣言