MultiAutoComplete

文字列配列を持つMultiAutoComplete

以下のMultiAutoCompleteコントロールは、itemsSourceとして文字列配列を使用します。
トークンフィールドの最大数は4に設定されています。

選択された項目:

    CollectionViewを持つMultiAutoComplete

    以下のMultiAutoCompleteコントロールは、itemsSourceとしてCollectionViewを使用し、displayMemberPathとして'country'を使用します。

    選択された項目:

      カスタムデータソースを持つMultiAutoComplete

      このMultiAutoCompleteにはアイテムの静的リストはありません。代わりに、itemsSourceFunctionプロパティを使用して、Ajaxを呼び出してアイテムを非同期に返す関数を指定します。

      選択された項目: