フィルタリング

FlexGridFilter拡張機能(wijmo.grid.filter.js)を使用して、フィルタリングUIをFlexGridコントロールに追加できます。

フィルタリングのUIはグリッドの列ヘッダにフィルタアイコンが追加されます。アイコンをクリックすると、フィルタ対象を選択するエディターが起動し、ユーザーはフィルタ対象の値を選択することができます(値フィルタ)。また、特定の条件によってフィルタを設定することもできます。(条件フィルタ)

また、このサンプルのように、列の型によって各列のフィルタをカスタマイズすることができます。

この拡張機能を使用するには、wijmo.grid.filter.jsをインクルードして、次のようにフィルタリングを有効にします。

// 列フィルタをflexGridコントロールに追加します。
var filter = new wijmo.grid.filter.FlexGridFilter(flexGrid);

AngularJSを使用する場合は、wj-flex-grid-filterディレクティブを使用できます。

<!-- 列フィルタを含むFlexGridを作成します。 -->
<wj-flex-grid ... >
    <wj-flex-grid-filter></wj-flex-grid-filter>
</wj-flex-grid>

現在の表示項目数: {{data.items.length | number:0}}

フィルタの設定

The FlexGridFilterクラスのプロパティとメソッドを使用して、フィルタの動作をカスタマイズできます。例えば、フィルタアイコンを非表示にする、既定のフィルタ種別(値や条件)を変更する、特定の列のフィルタ種別を変更する、などのことができます。


フィルタの初期化、フィルタ定義の読み込み/保存:

既定のフィルタ種別を設定: なし 条件 両方

"Donwloads"列のフィルタ種別を設定: なし 条件 両方

フィルタエディタのローカライズ: Arabic (U.A.E.) Basque Bulgarian Catalan Chinese Chinese (Traditional, Hong Kong SAR) Chinese (Traditional, Taiwan) Croatian Czech Danish Dutch English English (United Kingdom) Estonian Finnish French French (Canada) Galician German Greek Hebrew Hindi Hungarian Indonesian Italian Japanese Kazakh Korean Latvian Lithuanian Norwegian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Swedish Thai Turkish Ukrainian