HTTPハンドラ - RPX/RDLXハンドラ -

ActiveReportsが提供するHTTPHandlerコンポーネントを使用すると、サーバー上に配置したレイアウトファイル(PRX/RDLSファイル)を、ASP.NETが自動的に処理するように設定できます。RPX/RDLXファイルをサーバー上に配置し、web.configファイルにハンドラの設定を記述するだけで、レポートをHTMLとPDFの両形式で出力できます。


    PDFでセクションレポートを表示:

        NwindLabels.rpx?OutputFormat=pdf

    HTMLでセクションレポートを表示:

        NwindLabels.rpx?OutputFormat=html

    PDFでページレポートを表示:

        PurchaseReport.rdlx?OutputFormat=pdf



    HTMLでパラメータ付きセクションレポートを表示:

        NwindLabels.rpx?Country=兵庫県

        Invoice.rpx??StartingDate=9-1-1994&EndingDate=9-5-1994


このページの先頭へ戻る